老化はどこから始まるの?

こんにちは!

訪問ありがとうございます。

 

本日の担当は

日常生活をエクササイズに変える

パーソナルトレーナー

星野美香』です。

f:id:ancias:20190408113544j:plain
 

今日は身体の『老化』について

お話させていただきます。

 

皆さんは、身体の老化は

どこに感じますか?

 

肌?胸?お尻?足?おなか?

 

f:id:ancias:20190514123706j:plain

 

 

 

様々な部分に現れてきますよね。

いつからどこから始まっているかを

気にしている人は少ないのではないでしょうか。

 

実際に老化を感じるときは

自分の気にしている部分だけ

気づいていきますよね。

 

外から見て「老けた」と明らかに

感じられるのは「顔」ですよね。

 

頬がこけてしまっていたり、

シワが増えていると

「あ〜、歳をとったな〜」と

実感するのではないでしょうか。

 

顔は見えやすいです。

女性は毎日化粧をしたり、

化粧水、乳液などを使用してケアをします。

「化粧」という習慣があるため、

毎日鏡を見て、毎日肌に触れるために

変化に気づきやすいのです。

 

顔だけに注目してしまうと、

どうして老化が始まったのかわからずじまいに

なってしまいます。

 

顔のしわはもちろん、肌のキメが壊れることも

原因にはなりますが、

それだけではありません。

 

シワシワになりやすい人もいれば、

いつまでも若々しい肌をしている人もいます。

 

芸能人のようにスペシャルなケアで

状態良く保っている人もいれば、

何にもしなくても

綺麗な人もいます。

 

よく何が違うのかなと考えます。

 

身体マニアが老化を考えた結果、、、

「老化」は顔から起こるわけではない!!

という結論に至りました。

 

わかりやすいのが顔の皮膚という

だけだと思います。

 

じゃあ、具体的にはどこから始まるのでしょうか?

 

私は「バランスが崩れ出した時点から」

と考えています。

 

身体の老化の早い人は

赤ちゃんが立ち上がった頃には始まっているように

思います。

 

生まれた時というのは、

全身の神経が過敏な傾向にあります。

 

そこから、徐々に淘汰されていって

大人と同じ状態になります。

 

生まれてばたついているときは

自分でコントロールはうまくできなくても

多様にバランスを取ることができます。

 

身体も柔軟で、少しの動きを

感知して俊敏に対応できているのです。

 

それに比べて、立ち上がってくると、

バランスを取るために力づくになる傾向が

出始めます。

 

こうなると身体の使い方に偏りが生じます。

 

私はこれが老化の始まりだと考えます。

 

身体が左右均等であればいいというわけではありません。

 

身体の習慣に当たる部分で、

まさに身体の使い方です。

 

すぐに休めの姿勢をとってしまう・

座っていても、すぐに寄りかかってしまう。

 

片肘をついてしまう。

足を組む。

 

これらは全て身体の傾向です。

 

どちらかの足に体重をかけていることが

多くなるなどする。

そうすると体に使いやすさと使いにくさが

出現してくるのです。

 

この身体の使い方の偏りが

「老化」を起こしていると考えます。

 

身体の使い方の偏りが引き起こすものは

『姿勢の崩れ』です。

 

姿勢が崩れると、

皺が入りやすくなる。

手足、体幹がむくむ。

代謝が悪くなる。

などの問題が生じます。

 

そして姿勢の崩れで

上記の問題が引き起こる原因が

『横隔膜の老化』だと考えています。

 

皆さんは呼吸がしっかりできていますか?

きっと「ちゃんと呼吸しています、

生きていますから」

と答えたくなりますよね。

 

f:id:ancias:20190514124406j:plain

生きている以上、

呼吸はしています。

 

それは必須のことです。

ただし、それが身体の機能を

ベストに使えるだけの呼吸をしているでしょうか?

 

ものすごくマニアックなことを

言っていますよね(笑)

 

「横隔膜」は呼吸筋と言われます。

 

呼吸は毎日欠かさずにしています。

 

その呼吸をしている筋肉が衰えると

全身の機能が衰えます。

 

呼吸が低下すれば、

酸素を取り込みにくくなるために

エネルギーが十分に使えない。

 

そして酸素が行き届かないために

血色が悪くなる。

皮膚がカサつく。

 

運動としても細胞への酸素不足により

疲れやすくなる。

 

横隔膜は内臓の上にあり、

呼吸することで内臓をマッサージする

状態になる。

 

この機能が下がるために

内臓機能が下がり、代謝が悪くなる。

 

さらに横隔膜は腹部の筋肉と

繋がっているために

機能が下がれば「ぽっこりおなか」の

原因になる。

 

少し例をあげるだけでも、

あ、この状態私が感じているものだ!!と

思う人も多いのではないでしょうか?

 

仕事や、家事・育児などに追われて、

ストレスが多い場合にも

老化は進みます。

 

それはストレスによって、

呼吸が浅くなることで、

結局、使わない部分は退化していくからです。

 

毎日ストレス社会で生活してる。

そして身体の使い方の偏りに気づかず

毎日を過ごしている。

 

まさにダブルパンチで

「老化」は進むのです。

 

恐ろしい話ですよね。

 

ケアだけが大切なわけではなく、

ケアが十分に行き届くためにも

まずは自分の身体について知っておくことが

いつまでも若々しくいられるための

ポイントですよ。

 

アンチエイジングもダイエットも

まずは自分がどうして今の身体になってしまったのか。

 

その理由を知ることが

理想に近づく1番の近道だと思います。

 

『呼吸』は本当に大切です。

寝る前の深呼吸を日課にして見ること。

これがアンチエイジングにもオススメですよ!

 

〜女子のためのリア充スクール~
『プラチナ美人アカデミー』
校長:Ms. Nally (高山奈利)

副校長:新堀策史(にいぼり・かずふみ)

教務主任:黄理恵(おう・りえ)

講師:吉楽啓子(きら・けいこ)

講師:渡辺有美子(わたなべ・ゆみこ)

講師:星野美香(ほしの・みか)

講師:堀口香織(ほりぐち・かおり)

講師:河合志歩子(かわい・しほこ)

講師:山﨑真貴子(やまさき・まきこ)
講師:加藤紀久恵(かとう・きくえ)

講師:相馬寿江(そうま・ひさえ)

 

▶プラチナ・ヴィジョン◀
「安心で幸せな明日を先取りして
賢く美しくリアルを充たす♪」

 

▶プラチナ・クレド
「キャリアは幸せの種♪」

 

▶プラチナ・ミッション◀
「努力と才能で磨かれたキャリアと心の価値を
シアワセと引き換えらる女子を増やし育てる。」

 

▶プラチナ・カンパニー◀ 運営会社:株式会社アンシャス
http://ancias.tokyo

 


▶プラチナ・サプリ◀