子どもを産むリスクヘッジ

プラチナ美人アカデミーにお越しくださいましてありがとうございます。
 
チームリーダーの堀口香龍ことホリホリだよ♬
 
 
 

今日はこどもの日!

 
前回、子どもなんか好きじゃなかったホリホリが
 
子どもによって世界が変わったみたいなことを申し上げましたので、
 
その続きを。。。
 
 
 
流石に自分の生んだ子は可愛い♬
 
胎児が直前に逆子になっちゃって、
 
妊娠促進剤をバンバン打たれたのに
 
へその緒が巻きついて出るに出られないのが
 
何時間もいきんだ後にわかり(なんでわからないかな〜〜?)
 
最終的には帝王切開で出したもんだから、
 
お腹を痛めた分、愛情が湧くっていう。。。
 
 
 
子どもという生命体に興味を持ち始めると、
 
他の子もなんだか面白くなってきちゃって
 
「可愛いじゃん♬」になったわけ♬
 
 
ただし、当時のホリホリは「子どもを躾ける」とか
 
「親は子どもに対して権限がある」とかは考えていなく
 
とにかく「人として、お話をすれば分かるだろう」
 
というスタンスで、赤ちゃんに向かって
 
いちいち説明してたりする人でした。
 

f:id:ancias:20190502222639j:plain

 
犬でも、毎日言葉を言い聞かせてあげると気持ちを汲んでくれたりしますよね?
 
それと同じ感覚だったと思います(笑)
 
人間の凄いところは、それが本当に言葉を覚えることにつながっていること。
 
 
割と子どもとは言葉を交わすことでコミュニケーションが取れていたのだと思います。
 
その後、当時の旦那様とは離婚し、実家に戻ってきた時に
(このあたりのくだりは、「爆笑⭐️離婚問題」にて)
 
「自分は親として、この子を育てる事が使命なんだ」と思ったわけです。
 
 
最初にしたことは、実家から出ることでした。
 
私の親の世代の価値観に縛られては、
 
子どもに自由な発想が生まれないと思ったのです。
 
ところが、自分で生活するとなると仕事と子育てを両立させなければいけない。
 
という当然起こりうる壁にぶち当たります。
 
事務ばたけしかやってこなかった私は「手に職をつける」ことを考えて、
 
整体師になり、開業しました。
 
 
「開業」なんていうとカッコよさげですが、実状は火の車。
 
毎月の生活費でカツカツの生活です。
 
それでも、実家に帰ることを拒んだのは、
 
子どもへの影響です。(この辺りも「爆笑⭐️離婚問題」にて)
 
その後、生活の安定の為に再婚するも、選んだ相手が悪く
 
4年で離婚。この辺りの詳しい事情は定期講演
 
「爆笑⭐️離婚問題」で詳しくお話しします。
 
離婚経験者も、経験してなくても、結婚しててもしなくても
 
誰でも楽しめる、そして結婚や家族のことを考えるキッカケになる講演です。
 
 

f:id:ancias:20190505154515j:plain

 
「開業」しても上手くいかなかったわけは、今なら凄く納得がいきます。
 
ビジネスとスキルは全く別のものだからです。
 
ここを皆さんも間違うところなんです。
 
何かを始める時に、日本人は特に「スキル」を勉強します。
 
「勉強」ということに慣れ親しんでいるからこその発想なんです。
 
「勉強」とは「インプット」なんです。
 
「インプット」ばっかりして「アウトプット」する方法を学んでいないんです。
 
そもそも「アウトプット」とは「教えて」もらうものではありません。
 
「学ぶ」こと=「真似る」ことだからです。
 
真似してやってみることがビジネスなんです。
 
このことがわかったのはごくごく最近です。
 
だから、いくらスキルを身につけても儲けることができないんです。
 
 
それでも、当時のホリホリは整体のスキルよりも経済学だとばかりに、
 
儲ける方法のセミナーに片っ端から行ったり、
 
セカンドビジネスに手を出してみたり、
 
ネットワークにも手を出したりしました。
 
どれも、多分本質はおんなじです。
 
成功している人はその人に合った「アウトプットができていた」に過ぎません。
 
スキルやノウハウは、誰にでも再現性があるものであるということなので、
 
誰かの2番煎じ、3番煎じ、それ以上
 
ということだということに長い間気づくことができませんでした。
 
 
ただし、ここまで真剣に、しかもいろんな人に頭を下げることや、
 
人がやりたがらないことを率先してやったりできたのも、
 
全ては、私に子どもという存在がいたからだと気づいていました。
 
私に子どもがいなかったら、そこまでの努力はしなかったと思います。
 
 

試練は、順風満帆な時にはやってきません。

 
でも、苦汁をなめるからこそ、そこから這い上がる強さが芽生えます。
 
「貧乏」や「お金がない」状態ははたから見たら
 
「かわいそうな状態」なのかもしれません。
 
でも、「どん底だから、あとは這い上がるしかない」と思えば上を見ていられる。
 
 
どんなに満ち足りた生活をしている人でも人間には計り知れない欲があります。
 
どんなに満たされていても人はもっと満たされたいと思う生き物です。
 
 
どん底にある「希望」を見つけて今までに見たこともない世界に一歩踏み出すことが、
 
冒険やチャレンジという自己の未知なる才能が開花する瞬間だと最近では感じます
 
 
人のレールに則って、人の規制の中で小さな喜びを見つける人生も
 
もちろんありだとは思いますが、
 
私にとって、人生はワクワクが止まらない見たことのない景色を
 
大好きな子どもや家族、仲間たちと分かち合うことと決めています。
 
 
こんな気持ちになって、世界が楽しくなると思えるのは、ホリホリが子どもを産んだから。
 
子どもの存在自体が私にとっての喜びで楽しみです。
 
世の中の子どもたちはただ存在するだけで親の成長につながっています。
 
 
 
しかしながら、子どもを産めるのは時期が限られています。
 
子どもを産んで育てたいと思う人でも実際にはできないケースもあります。
 
仕事との両立や夫となる人との関係などで、子育てが楽しいとは思えない人もいます。
 
 
それでも、産んでみなければわからないんです。
 
結婚も、やってみて判断すればいいんです。
 
安全な未来なんて存在しません。
 
過去は変えられないし、未来も操作することができません。
 
今だけがあなたや私に与えられた時間です。
 
「狙って幸せになる」と決めた時に、
 

あなたの未来は動き始めます。

 
こうなったらどうしよう?
 
と考える時間は勿体ないです。
 
さっさと決断して、さっさと次のステージに行きましょう!!
 

f:id:ancias:20190501150112j:plain

令和元年奇跡だらけの弁天様参り
 
~キャリア女子のためのリア充スクール~
『プラチナ美人アカデミー』
校長 :Ms. Nally (高山奈利)
副校長 :新堀策史 (にいぼり・かずふみ)
教務主任:黄理恵 (おう・りえ)
講師 :吉楽啓子 (きら・けいこ)
講師 :渡辺有美子(わたなべ・ゆみこ)
講師 :星野美香 (ほしの・みか)
講師 :堀口香織 (ほりぐち・かおり)
講師 :河合志歩子(かわい・しほこ)
講師 :山﨑真貴子(やまさき・まきこ)
講師 :加藤紀久恵(かとう・きくえ)
講師 :相馬寿江 (そうま・ひさえ)
 
▶プラチナ・ヴィジョン◀
「安心で幸せな明日を先取りして
賢く美しくリアルを充たす♪」
 
▶プラチナ・クレド
「キャリアは幸せの種♪」
 
▶プラチナ・ミッション◀
「努力と才能で磨かれたキャリアと心の価値を
シアワセと引き換えらる女子を増やし育てる。」
 
▶プラチナ・カンパニー◀ 運営会社:株式会社アンシャス
 
▶プラチナ・サプリ◀
プラチナ美人@