私、プライド高そうって言われました。

キャリアは幸せの種♪

 

今日の担当は

教務主任の黄理恵です。

 

今度登壇する講演会の会場に

下見に行きました。

 

今の季節は新入社員が

研修でいっぱい!

 

看板を見ると

どこの会社のフレッシュマンか

わかります(笑)

 

上場企業や有名企業の

若手たち。

 

中にはスーツに身を包んだ

フレッシュ女子。

 

これからキャリアウーマンへの

一歩を踏み出すのでしょうね^ ^

 

その美人さんで賢そうな横顔に、

「幸せにキャリアを築くのよー!」

 

と、そっと念を送って

パンプスの音を見送りました。

 

私が彼女らくらいの歳、

フリーの司会者としてキャリアを積んでいた

同じオフィスに

 

キャリアウーマンの先輩が

いました。

 

私が20代前半当時、

先輩は30代後半。

 

元大手航空会社勤務から

キャリアチェンジして

上場企業の営業→管理職へ。

 

 

その地方支社に配属になった

タイミングで

週末は司会業で活躍。

 

そんな先輩の口癖は

「私、華やかな道しか歩きたくないの」

 

でした。

 

そんな先輩のプライベートは

私たち後輩が

真似たいと思う幸せは

見つけられませんでした。

 

美人だけど鋭く、

賢いけど語尾が強く、

礼儀は正しいのに近寄りがたい、

笑っているのに親しみがない。

 

私たち後輩は

「キャリアってなんのために積むんだろ。」

「キャリアすごいけど、先輩コワイ。」

 

大変ピリピリ

気を配っていました。

 

尊敬ではなく、顔色伺い(笑)。

 

 

育ちも裕福で

キャリアも立派なのに

 

どうしてあんなに

アゴがいつも上がってるんだろう、

 

自信があるのかないのか

当時の私には混乱でさえありました。

 

そして私の性格は、

我慢できずに先輩に噛みつき、

事務所を巻き込んだ大ゲンカとなり、

 

週末の結婚式場に

先輩が顔を見せなくなったのが

 

先輩に出会って2年後のお話です(笑)。

 

 

自信がありそうなのに

自信がなさそう。

 

よく先輩は

「プライドが高い人」と

表現されていました。

 

尊敬の念を込めてではなく、

「怒らせたら面倒くさい人」

 

という意味です。

 

のちに私も

25歳の時、

 

フリーの司会者として

キャリアを6年積んだ頃、

 

「プライドが高い」

 

と言われる経験をしました。

 

 

当時の私は

ある種の自信はあったのに、

自分も周りも信用できずに

闘っていました。

 

 

表舞台に立つ、

または立とうともがく

キャリア女子の、

 

あるあるです。

 

その時ふと、

先輩のことを思い出しました。

 

そこで気づいたのは

私も先輩も

「強さ」にこだわっていたこと。

 

裏返せば、

「負けることへの拒絶反応」

 

です。

 

 

自分の能力とキャリアへの

自信はあったけれど、

 

自分の存在そのものは

強さに担保されないと

認められなかった、

 

ということです。

 

 

今、

私の講座やセミナーに参加する

一部のキャリア女性は

 

そんな懐かしい「昔の私」を

携えた、

 

強さと賢さと美しさを武器に

(3種の神器w)

闘っているケースが

レアではありません。

 

とても自信があるように見えて、

でも武装が素晴らしく固く、

 

何かの弱さを

3種の神器で頑なに守ろうと

しているように見えます。

 

 

自信があるのか、

自信がないのか。

 

 

キャリア女子のみなさんは

そんな自分の

自信の浮き沈みに

 

エネルギーを費やした経験は

ないでしょうか。

 

 

では教務主任から

授業をひとつ♡

 

 

f:id:ancias:20190412221343j:plain

 

自信には2種類あることを知って、

 

自信の躁鬱から

抜け出しましょう!!!

 

管理職やリーダー、育成を

任される立場になると、

 

より誰かに気軽に

相談できないブロックも

増えるもの。

 

 

自分をケアする学びは

持っておくといいですよ^ ^

 

 

さてこの2種類の自信とは

こちら。

 

①自己効力感(自己有用感)

②自己肯定感

 

 

この2つは似て非なるもの。

 

「プライドは高いのに自信がない」

 

という

気が強めのキャリア女子が

ついうっかり陥ってしまう

落とし穴は

 

①は高いのに

②が低いという

ケースです。

 

簡単に説明すると

 

【自己効力感とは】

自己の能力に対する自信。

 

【自己肯定感とは】

自己の存在に対する自信。

 

かなりざっくり言ってしまいましたが(笑)、
こんな感じです。

 

 

能力を優劣を競ってきた

昭和30年代〜昭和50年代生まれの

キャリア女子が

 

そのプロセスで

自己肯定感を育てられず、

 

「優越しなければ価値がない」

「成果を出さなければ価値がない」

 

と、学業や仕事以外でも

利害の外にある人間関係にまで

優越への闘いを持ち込んで

(場外乱闘w)

 

私たちは苦労するのですよね、、、。

 

ホントは可愛いままでいたいはずの

恋愛でもうっかり場外乱闘(^_^;)

 

「私にはいつどんな状態でも価値がある」

 

という自己肯定感を身につければ、

 

武器と鎧をの手入れに

余念がない、

戦国時代の武将のような生活から

抜け出せるのです^ ^

 

 

闘い疲れた私たちは

まず、自分を満たしてあげることから

始めましょう。

 

何も予定を入れない、

海か山しかない自然のあふれた

静かな場所で

 

戦わなければいけない

ものから1〜2日、

全て離れて

 

自分の声を聞いてあげてくださいね。

 

1人で行くことがオススメ(笑)

 

 

新人研修中の彼女たちも

戦うことが目的でなく、

幸せであることが目的であるように、

 

両方の自信を身にまとって

キャリアを幸せと等価以上で

交換できる新生活スタートと

なりますように♡

 

キャリアの先にサクラサク春、

万歳♪

 

教務主任:黄理恵

 

 

〜女子のためのリア充スクール~
『プラチナ美人アカデミー』


校長 :Ms. Nally (高山奈利)

副校長 :新堀策史 (にいぼり・かずふみ)

教務主任:黄理恵 (おう・りえ)

講師 :吉楽啓子 (きら・けいこ)

講師 :渡辺有美子(わたなべ・ゆみこ)

講師 :篠遠小登美(しのとう・さとみ)

講師 :星野美香 (ほしの・みか)

講師 :堀口香織 (ほりぐち・かおり)

講師 :河合志歩子(かわい・しほこ)

講師 :山﨑真貴子(やまさき・まきこ)
講師 :加藤紀久恵(かとう・きくえ)

講師 :相馬寿江 (そうま・ひさえ)

 

▶プラチナ・ヴィジョン◀
「安心で幸せな明日を先取りして
賢く美しくリアルを充たす♪」

 

▶プラチナ・クレド
「キャリアは幸せの種♪」

 

▶プラチナ・ミッション◀
「努力と才能で磨かれたキャリアと心の価値を
シアワセと引き換えらる女子を増やし育てる。」

 

▶プラチナ・カンパニー◀ 運営会社:株式会社アンシャス
http://ancias.tokyo

 


▶プラチナ・サプリ◀